創りたい時に造りたいモノを作る。

鉄道模型をメインに、プラモデル等他の模型の事やイベントを書いてます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加しています。
いいね!がんばれ!面白い!と思ったら、
クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ     にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
 にほんブログ村      にほんブログ村


category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ボードへ線路を敷設  



かなり更新が開いてしまいました・・・・(・_・;)

その間には、すごく幸せな場所にお招きされたりしてましたw
詳しくは、いつものように卓さんのブログをご参照ください♪
拙作もご紹介いただいてありがとうございます!
実物より数段かっこよく見えますw


さて、前回自動運転装置が完成したので、
いよいよボードにミニエンドレスを敷設していきます。

まずは電気配線を考えます。
自動運転装置からモジュールへは線が15本必要です。
なので、15ピンあるコネクタを探します。
すぐに思いついたのはD-sub15ピンです。
PCとディスプレイをアナログ接続する時に使ったりするので、
見たことある方も多いのでは?
そうすれば、ケーブルも流用できるから手間が減ります。

で、ケーブルを買ってきて、念のためピン配列を確認したら
マイナス端子が複数あったり、つながっていないピンがあったり、
ケーブルはまったく使えない事がわかりました・・・( ;∀;)

仕方ないので、15本すべてつながっているケーブルを自作します。
まずは、どのピンを何に使うかを決めつつケーブルを処理していきます。
接続ケーブル作製1 
コネクターは千石電商、ケーブルはオヤイデ電気で購入しました。
どちらも秋葉原にあるパーツショップです。
ケーブルは16本通っているケーブルで1本は繋いでいません。

ケーブル処理とピン配置が決まったら、ケーブルをコネクターにはんだ付けします。
接続ケーブル作製2 
間違いがないように慎重に・・・・

両側作製して、完成です。
背t族ケーブル完成 
テスターを当て、導通やピン配列に問題ないことを確認しました。

パワーパックで動かす時に使うケーブルも作製しておきます。
手動用接続ケーブル完成 
これで手動でも運転することが可能です。

次はボード側の配線を進めます。
センサーやポイントの配線を穴を開けて裏に通します。
電源のコネクターも接続しておきます。

そして、ボードにコネクターを取り付けます。
ボード側コネクタ作製 
ケーブル作成時に決めたピン配置を間違えないように
はんだ付けしていきます。

はんだ付けが終われば、ボードへ取り付けです。
ボード側コネクタ完成 
ドリルとカッターで削り込んで作りました。
仕上げが粗いですが・・・とりあえずはこれでw


線路がはみ出す部分を載せるボードを拡張します。
5mmの合板と15mmの角材を仕様し作製しました。
拡張部分作製 

ボードとの接続部分は、ドリルで穴を開けた中に鬼目ナットを入れ、
寸切りボルトをねじ込みます。
拡張部分接続部 
ボードの枠に穴を開け、通した後ナットで固定するシンプルな構造です。

そして、出来上がりがこちらです。
ボード設置完成 


早速試運転をすると・・・・センサーを通過し
ポイントが切り替わった瞬間にリセットがかかり、
初期動作に戻るようになります(´;ω;`)
ん~~??配線伸ばしてコネクタ付けただけなんだけどなぁ???

検証と復旧は次回に持越します・・・・。

ブログランキングに参加しています。
いいね!がんばれ!面白い!と思ったら、
クリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ     にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
 にほんブログ村      にほんブログ村


category: モジュール1

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カウンター

最新コメント

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。